• 005
  • 004
  • 003
  • 002
  • 001

プロラボ発、銀塩写真と単焦点レンズのススメ

こんにちは技術部のNです。 最近あまり耳にしないが「銀塩写真」という言葉をご存知だろうか。 「銀」という金属は時間とともに黒くなっていく、銀のジッポのライターが使っていくうち渋い黒に変色するあれである。 その中でも銀塩写真に使用する塩化銀は光にあたると黒化が進む性質がある。 光が強く当たればより黒く、あたらなければ白く、そうやって画像の濃淡が作られる、 作られる画像は濃淡が逆転した「ネガティブ」になる、 それをもう一度印画紙上に反転させれば「ポジティブ」な画像に戻る。 以上が白黒写真の簡単な説明で、その塩化銀「ハロゲン化銀」と発色するためのカラーカプラーを組み合わせればカラープリントになる。 思い切って大胆に端折ったが、つまり塩化銀の光反応を利用するので「銀塩写真」ナノだ。 そこで印画紙が登場、弊社が扱うフロンティアやラムダは印画紙でカラープリントを作る銀塩写真の一族に入る。 これはフィルム等は使用しないが、デジタルカメラのデータをレーザー光を使用して印画紙上に画像を形成する。 最近では印画紙ではなくシルバープリントと呼ばれていたりする。 紙の上にインクを吹いて画像を作るインクジェットプリンターとの違いはその仕組み以上に発色に違いがある。 銀塩タイプの一番の特徴は黒の深さである。 白から灰色そして黒までの諧調が広く、グレー部で青く漆黒は赤くなるような偏りが少ない。 そのため画面全体に深みが生まれる、色の彩度の高さが特徴のインクジェットとそこが大きく異なる。 そのため目立つ事に特化したポスター等はインクジェット出力、画面に深みの必要な作品作りなどには銀塩出力が用いられる事が多いのだ。 いつも自宅のプリンターで作品を出力しているあなた、一度、弊社のフロンティアやラムダで出力する事をお勧めしたい、ワンランクアップして甦るはずだ。       さて、私は趣味で「単焦点クラブ」という集まりに参加している。 これは京橋にあるP写真教室の講師のMさんが主催している団体で、 使うカメラのレンズは全てズームが一切できない「単焦点レンズ」が基本となる。 昨今、ズームレンズの性能は著しく向上して、かさばらず使い勝手の良いズームレンズは各社存在するが あえて単焦点レンズを使ってみると、これがすこぶる調子いい。 第一に撮影する時、構図を絞るときズームレンズの場合画角を決める作業に手間取りシャッターチャンスを逃す事が多いのだが、 単焦点なら近づいたり離れたりするだけでシャッタータイミングに集中できる。 また単焦点は明るいレンズが多く、ボケ足が奇麗なのだ、いわゆるタマぼけである。 (左側のキラキラした部分がいわゆるタマぼけだ。) クラブの中にはアナログ部も存在する、単焦点のフィルムカメラオンリーでもうここまで来ると病気である、おじさんばかりの集まりかと言えばそれが違うのである。 若い女子がアナログ時代の名カメラ、F3やミノルタのオートコードなどを首から下げて観光地へ撮影に向かう、地物の名物を食べ、温泉につかる、それが一番の楽しみであったりする。 一番大切な事は写真に親しみ、それを手段として、人とのコミュニケーションをとる、そんな時代なのである。 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

濁流を乗りこなせ!

今年の夏は梅雨が明けても雨ばかりで、今一つ夏らしさに欠けますね。 ご無沙汰しています、インクジェット部のHです。 ここ数年は夏休みに何かしらのアクティビティをこなしています。 今年は山の日に群馬県の水上にて初めて"ハイドロスピード"を体験してきました。 11時半スタートは4人参加。専用のビート板のようなボートを持ちます。 (午前中と昼過ぎスタートは20人近く参加していたので少なくてラッキーでした) 川の中は会話もままならないので、陸地でボディーランゲージを覚えたり スタートラインの波が穏やかな場所で転倒から起き上がる練習を何回か繰り返します。 いざスタート!場所は利根川上流です。 序盤から大波が来ても乗りこなせるコツをつかんだのでかなり楽しかったです。 大きくゴツゴツした岩がお腹や脚の下を通るので、脚はピンと伸ばした状態をキープ。 持ち手をしっかり握り、肘を外に強く開いてボートを固定。かなり握力使います。     途中、濁流が交差している部分でうまくいけば サーフィンのように波に乗れるポイントがありました。 最初はかなり怖かったですが、3回やってだいぶ慣れました。すでにヘトヘトですが。。 最後はボートの上に寝っ転がって森林浴をしながらゴール。 川のアクティビティはキャニオニング、ラフティングとやってきましたが、 濁流の中、自分一人だけでコントロールするのでハイドロスピードが一番楽しかったです。 来年は何をしようか・・・山の日はアウトドアな刺激が欲しくなるいい祝日です 笑 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

小川重雄写真展「国宝・閑谷学校」

こんにちは、フロントのNです。 今回は弊社のお客様でいらっしゃいます、小川重雄様の写真展をご紹介致します。 前回の写真展はバリ島の世界遺産の寺院建築でしたが、今回は日本の国宝です! 「閑谷学校」は今から300年以上前の江戸時代前期に、 岡山藩によって開かれた庶民のための学校です。 他に例を見ない質とスケールを誇り、建造物のうち講堂が国宝に指定され、 小斎・飲室・文庫・聖廟・閑谷神社・石塀など24棟が重要文化財に指定されています。 そんな歴史的な建造物の今もなお美しい佇まいを一瞬に閉じ込めた写真展に是非足をお運び下さい。 写真に興味のある方はもちろんのことモニター上やスマホ上でしか写真を見たことが無い方は プロの写真家のプリントを間近で鑑賞できる絶好の機会です。 是非ともこの機会に「美しい写真」を見に行きませんか? また、今回は東京展の他に閑谷学校がある岡山県でも写真展が開催されます。 どちらの会場でも写真集とオリジナルプリントの販売もあるそうです!         【東京展】入場無料 日時 2017年6月24日(土)〜7月2日(日) 会期中無休 時間 12:00〜19:00 会場 GALLERY O[東京都台東区根岸3-22-5] 協力 公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会     【岡山展】入場無料 日時 2017年7月8日(土)〜8月6日(日) 会期中無休 時間 10:00〜19:00 (土日祝9:00〜19:00) 会場 CCCSCD by cifaka[岡山市北区石関町6-3 2F] 助成 公益財団法人福武教育文化振興財団会 協力 公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会     ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい*

お馬さん。

こんにちは。 はじめまして、先月より入社しました、技術部のMMです。 頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 先月のGWに、お馬さんたちに会ってきました! 場所は、千葉の端っこ、九十九里です。 ここのお馬さんたちは、初めましてでも、触らせてくれます。 人懐っこいお馬さんばかりです。 ここのスタッフの方々もあたたかい方が多く、馬に対しても人に対しても優しく 接していることがこちらにも伝わってきたので、お馬さんも穏やかな性格なんでしょうねぇ。 お馬さんのほっぺ(?)と自分の顔を合わせることができるくらい、距離が近く、馬臭いです。 馬は、人の気持ちがわかるそうです。 なんて言ってるかはよくわかりませんが、 ちょっかいをだしてくるお馬さんや、撫でていると目を閉じるお馬さんなど、 それぞれの性格もわかり、毛色や髪型なども、とても面白いです。 お馬さんにとても癒され、時間もあっという間に過ぎました…! また次の休みまで、今度は外乗を楽しみに、がんばります! そういえば、今週から、上野でフォトフェスティバルが開催されますね! 「上野で世界レベルの写真に出会う。」と記事で読みました。 世界レベルの写真、出会いたい! 今週末は上野へ遊びに行こうかな。 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

はじめまして

はじめまして、4月に入社しましたインクジェット部のSです。 わたしは大阪出身で、入社のため東京に引っ越してきました。 東京に住み始めてから時間が過ぎるのがとてもはやく、 気がついたら入社して一ヶ月が経ち、5月になっていました。 5月といえばGW! お休みをいただけたので実家のある大阪に帰りました。 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」に行ってきました! 毎年行われていて、今年も観たい展示があったので 大阪に帰った時に絶対観に行くと決めていました。 アニエスベー フォトコレクション『amour,amours・・・』 オリヴィア・ビーという写真家が好きで観に行ったのですが 他にも、ライアン・マッギンレーやナン・ゴールディン、マーティン・パーなど 好きな写真家の作品も展示してあり、とても良い展示でした。 他にも観たい展示はいくつかあったのですが、 時間と自分のやる気の都合で行くのを断念し、泣く泣く東京に戻ってきました。 5月に入り、夏のような気温の日が多くなってきましたが 暑さに負けず頑張りたいと思います。 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

Top