あぁ夏休み

夏も去りつつお疲れサマーです

『黒さ』では無く『暗さ』ではトップレベルの技術部のUです。

今年の夏は花火、BBQとか珍しくイベント事が多かった。

・・・でも肝心の夏休みはどうしよう。

毎年精神的に悩み、物質的にも追いつめられて、

何もせずに終わるパターンが多かった。

打開策をついに発見。

思考の転換。

良く考えれば、アタイは田舎生まれヒップホップ育ちじゃない、

ただのおイモさんじゃないの…

何も都会っ子的な考えに染まる事ないじゃないの…

sou、実家に帰れば山、川、海、温泉、田んぼ一通りあるじゃないの。

魚釣りも出来るじゃないの。育った街をもう一度見つめ直せるじゃないの。

言い換えれば観光旅行じゃないの。

そういう訳で半ば言い訳気味に実家・福井に帰省致しました。

久しぶりに山沿いの道を歩いてみる。
やっぱり海は良い!

umi02

田舎と言えばやっぱお地蔵さま。

jizou

遠くに見えるのがかの有名な美浜原発。
目前の美しい海との絵面がシュールです。

umi01

何故か海沿いの岸壁を見ていたら、
無性に岩を渡ってみたくなった。

umi03

結構険しかったりする
しかしTOKYOでのボルダリングの成果が徐々に出始める(レベル初級)

背中には私物を詰めた大きなリュック(携帯や財布など)
落ちれば海(浅い)
何気にゴル○13なみのミッション度だ。

iwa01

久しくこのような自然には触れてなかったなぁ・・・

岩場から飛び込む男子
なかなか勇気が出ず、周囲のギャラリーの子供達から根性無しとヤジが飛ぶ

hito02

『おい、ク○ガキ、後で覚えておけよ!』
と、男子のメンツにかけた捨てゼリフ残して・・・

飛び込んだっ!

hito03

hito04

hito05

hito07

順番待ちする一夏の勇者達

hito01

少年一派に写真を撮ってるのがバレた・・・このまま海に落とされ
明日はYa○ooの片隅か

それも杞憂に終わり
少年の一人が得意げそうに親指を立ててこちらに突き出してきた。
内気な自分も自然と親指を立てて少年に返していた。
ありがとうの気持ちを込めて。

そこには昔から変わらない空気が流れていた。

理想はアウトドアな男、
現実はインドアな残念な感じの技術部Uでした。

ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい!

株式会社 ラボ東京
TEL 03-3357-5288
お問い合せフォーム

( 営業時間 9:30〜17:30 )
*便利なオンライン入稿もご利用下さい*

Top