日記

「オヤジ達の一番長い日」

フロントのNです。 ゴールデンウィーク前半、また伊豆へ釣りに行ってきました! 行きは高速道路の渋滞に巻き込まれることなく、 夜明け前に南伊豆にある堤防に到着しました。 またその夜はちょうど満月で、途中月の光が海面を照らしており、なかなかの雰囲気でした。(同行者は中年男性3人でしたが…) さて夜が明けて丸一日釣り三昧の休日。 しかし海の状況はナギで潮が動かず、釣りにとっては厳しいコンディション。 しかしその厳しい状況でも同行者の一人、弊社営業本〇長が真鯛をゲット! さすが釣りでも結果を残しますなぁ! しかしその後我々に恐ろしい悲劇が…。 真っ暗になるまで釣りをして過ごした後、 疲れた体で道具を片付け、帰路についたのは夜九時近く。 そこから伊豆縦貫道を抜け東名高速に入り、足柄サービスエリアで小休止。 ここで何か虫の知らせを感じたらしく、 本〇長が後ろの荷台をゴソゴソ確認した後にポツリと一言、 「俺の釣り竿が入ったケースが無い…」 一同「ええっ!!」 再度確認しましたが、やはり有りません。 営業本〇長の釣り竿ケースには竿だけでなく他にも色々小物が入っており、 お高いゴルフクラブと同程度の金額になる代物。 少しの沈黙の後、D営業副〇長が「戻るしかないか…」とポツリ。 すでにここまでで往復400㎞のところ300㎞は走っている計算。 ここからまた堤防まで戻り、忘れた釣り竿ケースを収容し、 再度戻るとさらに3時間ほどかかり、往復距離は600㎞オーバー…。 そこからハンドルを同行の技術〇長が握り、 あくまで法定速度内で、急いでまた堤防へ車を走らせたのでした…。 ちなみに忘れられた釣り竿ケースは 堤防に手付かずのママに残されており、無事回収されました。 こんな「オヤジ達の一番長い日」は終わり、 釣られた真鯛は本〇長の手により「鯛めし」になり、 奥様と娘2人に美味しく食べられましたとさ。   ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

新緑と、、、、、カルメン!?

こんにちは。技術部のOです。 先日、自宅の近所を散歩していると神社の桜がきれいでした。 満開の時期は気づいたら終わっていましたが、 緑とピンクのコントラストがとっても良い感じで、 葉桜になるこの季節が一番好きだったりします。 神社の桜と偶然通りかかった巫女さん、趣があります。 ん、、、? あれ? 能楽堂で何かやってるなー ま、まさか、、、、 カルメン!? 神社でまさかのフラメンコでした。 神社、桜、巫女さん、能楽堂でフラメンコ、、、と異空間です。 夜が本番公演のようで、練習しているところに遭遇したのですが、 本番さながらのギターや歌で、とても素晴らしかったです。 本場の舞台をタダでチラ見してしまいました。笑 思いもよらず素敵な体験ができ、 やっぱり春はいいなぁと感じた出来事でした。 暖かかったり寒かったりと体調管理が難しい時期ですが、 お身体に気をつけてお過ごし下さい。 オーレ!   ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

ミマキ JFX200-2513・UCJV300-160導入

ご無沙汰しております。 インクジェット部Hです。 先日インクジェット部に新しい機械が2台導入されました。 Mimaki JFX200-2513は、厚さ50ミリ・4x8判の板物まで乗る LED-UV硬化フラットベッドインクジェットプリンタです。 Mimaki UCJV300-160はロールメディア1600幅まで対応します。 どちらも白インク対応UV硬化型のインクジェットプリンタです。 白インクは弊社の業務において使う機会が多いので必須です。 そしてUVインクは紫外線で硬化させるので、溶剤系のような乾燥時間が不要です。 これにより、即加工・即施工が可能になります。 当然、高解像度、高精細で綺麗な仕上がりです。 と、簡単な機械紹介をさせていただきました。 今後もラボ東京は、お客様の様々なニーズに応えられるよう、 企画提案からデザイン、色補正、出力、加工、施工までの 一貫サービスで写真・出力サインの総合プロラボとしての務めを果たして行きます! ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

雪の日

2018年1月22日 日本列島南岸を進む低気圧の影響で、首都圏では昼ごろから大雪となりました。 列車の運休や遅れが相次ぐなど、交通機関に大きな乱れが・・・。 夕方の降雪のピークが運悪く帰宅時間帯と重なってしまい、複数の駅で入場規制が実施。 周辺は帰宅を急ぐ人たちで大混乱。 東京都心では、積雪が20センチを超えたのは4年ぶりで、2014年2月以来だそうです。   こんにちは。 営業部YKです。 帰宅時間を少しずらし、雪国仕様の電車で帰り、所要時間はいつもの倍^^; 東京郊外の最寄り駅を降りたら、そこは別世界。 改札を出るとこの状態です。 横殴りの雪が!雪が踊ってます/// テンション上げてみましたが、いわゆる吹雪ですね。 考えてもしょうが無いので、とりあえず自宅に向かう決意。 しかし!思いついてしまったのです!!近くに川が流れているんだよな…。 土手はどんな状況だろう!? 滅多にみる見る事ができないよなぁ~。 でも、傘が使えないほどの吹雪、樹木もこんな状態で…。 見たいなぁ~ いや怖いなぁ~ いや、やっぱり、多分、絶対に、滅多に見る事ができないよな~ 最後は好奇心の神が勝ってしまい(ーー;)   そして、やっぱり行っちゃいました!! それがこれです。川沿いの土手!! 土手までが精いっぱい。河原までの撮影は自主規制。遭難してしまう…。 ほとんど厳しい2000メートル級の雪山縦走と同じ。 あっ、登山が趣味なので山の例えになってしまいました。 誰も歩いている訳がない!ほんとうに誰一人もいない川の土手。 ってことなので、自分の足跡を記念に。 本当は足跡は逆向きの方がかっこいいのかなー。 なーんて一瞬考えましたが、ほんとに一瞬! 一切の余裕なし。このままパチリ!!   雪の日の夜って光が反射して明るいんですよね。 とっても寒かったですが、貴重な体験ができたと思った雪の夜でした。 毎年はゴメンですが。 貴重な体験は、たまにあるからこそ輝くのですよね。 そして、翌朝です。 自然はこの上ない極上のプレゼントくれました。 雪上に霧が立ち込め、そこに朝日のライトアップ? とっても幻想的な世界を醸し出していました。 昨日の敵は今日の友。 焦らず、 転ばず、 滑らずに。 少し気難しい冬の友と、 精いっぱい仲良くしながら出社しました。     ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

久しぶりの写真美術館

こんにちは。技術部Kです。 先日、久しぶりに恵比寿にある東京都写真美術館に行ってきました。 今回見てきたのは「ユージン・スミス展」です。 ご存知の方も多々いらっしゃるかと思いますが、 ドキュメンタリー・報道の分野ではとても有名な方です。 また、シュバイツアー博士の密着、日立の工場、水俣の公害、かつて ファミリー・オブ・マン展で最後を飾った作品「楽園への歩み(道)」など たくさんありますが、ドキュメンタリー・報道の写真家の中でも プリントの美しさではナンバー1ではないでしょうか? まるでフィルム現像をする際に十何本もの現像タンクの温度を変化させながら きっちり現像していたという彼の緻密さが現れているようです。 (すべてヴィンテージのオリジナルプリントではなく、 近年、他者によるモダンプリントもあるかもしれませんが・・・) なかでも私が高校生のころに印刷物で見て以来、 ずっと、実際のプリントを見たいと思っていた 「楽園への歩み(道)」を見ることができたので、とても嬉しかったです。 改めて、写真展や美術展など 文化的なものを積極的に取り入れなくては!とつくづく感じました。 ただ、久しぶりの写真美術館でしたが、かつての様子に比べ 何だかちょっと高級なサロン的というか微妙な違和感もありました。 昔、まだ写真美術館ができる前に細江英公さんが熱く語っていたことに強く共感し 設立の署名をしたころのような雰囲気が感じられませんでした。 しかしながら、博物館、美術館運営などは採算をとるのに大変で 写真美術館も例外ではないという記事も読んだことがあるように思いますので、 バランスよく運営されて、 これからも良い作品を見せていただけたら嬉しいです。 みなさんも、是非、恵比寿に行かれた際には足を運んでみたらいか がでしょうか? ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

Top