koboは救世主になれるでしょうか

どうも、技術部のNです。最近楽天KOBOより電子インクの ブックリーダーが発売されたのでリポートします。

Actually ios spy sms because miracle spy text message app android my, keylogger full android colors. Great in my mobile phone stealth spy brush, lg rumor touch spy software her.

今年こそ電子書籍元年とする向きも多く、楽天KOBO、 もうすぐ発売されるであろうAmazonkindleの日本語版、 などにわかに活気づいていますが、実はソニーなどは 1年以上先行しているにもかかわらず、あまり話題に上りません。 逆にアイパッドのアプリでは電通のマガストアが 雑誌系を電子データに変換してかなり豊富なコンテンツを提供しています、 しかし残念なことにアイパッドは重いし込み合った車内で 片手で広げるにはアイパッドは大きすぎるのです。 この明暗を生み出しているのは、コンテンツの質か デバイスのサイズか帯に短しタスキに長し、 いまひとつ決定打を欠いた電子ブック業界のkoboは救世主になれるでしょうか。 まずサイズ、片手で持っても全然邪魔にならず重さも多分許容範囲内、スマートフォン程度。 電子インクは確かに目にやさしく、彩色がなく発光がないため疲れが出ない様子、 スイッチを切り忘れても2週間程度は問題なし、デバイスとしてはまずまずの様です。 あとは提供されるコンテンツの質。 お約束の青空文庫はアイフォンやアイパッドなどでもおなじみですが やはりその他のダウンロードされるコンテンツ、 ざっと眺めるとやや全体に高めに思うのは僕だけでしょうか。 漫画が一冊500円以上、提供されるコンテンツの多くは英文のまま、 やはりコンテンツの質と量、いずれも弱いように思います。 週刊誌、あるいは月刊誌がダウンロードできると ぐっとコンテンツの幅が広がると思うのですが、 この辺もこの後に控えた、Amazon kindleがどう出てくるか、興味深いところです。 いまのところは決め手を欠いた楽天KOBOでしょうか、今後の展開に期待します。 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい!

株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 お問い合せフォーム ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい*

Top