からっぽの楽園

こんにちは

最近は、

青春を共にしてきた

連載漫画達がたて続けに終了し、

秋が始まる前に

一足先にもの悲しくなってしまった

技術部Uです。

この先何を楽しみにして行けば良いのだろう・・・

 

夏休み、

行ってきました

写真展。

以前に会社の勉強会でお世話になった、

T大学I部写真研究会所属・町田祐介さんの

「Heavens not enough」 写真展です。

町田さんの作成する写真は、

音楽を聴いてインスピレーションを得る事が多いそうです。

今回のメイン展示&展示名も音楽の題名から頂いているそうです。

感性の成せる業です。

JR豊田駅北口3分 とよだ市民ギャラリーにて

ケーブルTVで紹介されたらしく入りも順調です↗

町田さんの撮り貯めた写真が所狭しと展示される。ほんの一部らしいですが・・・

これが町田さん。背の高いイケメンさんです。

尊敬する先輩を撮影したという写真の前にて。

今回のテーマとは別に美しい写真群も並ぶ。

町田さん考案?ピクチャーパズル。

いつもの日常風景も、町田さんのフィルターを通せば一瞬の煌めきへと変換される。

熱心に作品の説明をしてくれる町田さん。内容を一片残らず咀嚼出来るだけの感性が欲しい・・泣

 

そしてこれが今回のテーマとなる作品の中の一枚。
ラムダ出力によるデジタル銀塩プリントです。印画紙は半光沢紙。

本人は意識していなかったらしいですが、HDRという技法から派生している物らしいです。

HDR。明度を意図的にコントロールする技法・・・ご興味ある方は是非調べるか町田さんまでご連絡を(笑)

 

主観で感じた事になりますが、

常に人は意識をしていなくても、

一瞬はそれぞれの感性で目前の風景を見ていていると思います。

光を始めに見る人、闇を始めに見る人、好きな色を始めに見る人、

そこを中心に光や色のバランスを構成していくと思いますが、

記憶にある風景が、そのバランスを故意的に崩された時、

人の感性や感覚は一度リセットされ、

誰しもが生きてきた過程で得た記憶を無くしてしまう。

ある意味一度「無」の状態になるというか・・・

町田さんが今回のテーマについて語っていた

「天国の景色はこんな感じじゃないかなと思います」

この言葉が自分の中で奇妙な信憑性を増してきました 😯

町田さん、どうもありがとうございました!

次回作も期待しています!!

 

ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい!

株式会社 ラボ東京
TEL 03-3357-5288
お問い合せフォーム

( 営業時間 9:30〜17:30 )
*便利なオンライン入稿もご利用下さい*

Top