低民度だった自分

皆様お元気でしょうか。

元気があれば何でも出来る。

・・・いや今は元気はいらない。

技術部Uと申します。

 

世界は混乱中。

自粛生活に入り感じる事。

 

経済や生活に支障が無ければ、

こんな生活も良いなとも思う。

これは不道徳な事なのか、

それとも今までの生活が不健全だったのか。

 

毎日の清涼剤だった1本の缶ビールが、

義務的なルーティンに感じるようになった頃

慌ただしい生活の反作用が、本来不要な刺激を過剰に求めていたんだなぁと思うようになりました。

 

自粛生活の開始、

大層な歴史的局面の渦中に自分はいるのでは無いかと思い、

現在の景色を感じてみたく密から逃れながら街に出てみました。

本当はとてもとてもよろしくは無いことなのですが。

 

いつもの街はどうなった。

その場所だから、いつもの街?

人がいるから、いつもの街?

新宿駅構内。まだ時間も早いですが人影は少ないです。

新宿駅東口広場 もう人が少ないとかの次元は過ぎました。

都知事のアナウンスが現実性を物語ります。

ビジネスマン?少し前とはマスクに対する礼節も変わってきました。

量販店開店前 やっぱりマスクですかね。 この時はまだ密ルールも不安定な時。

マスクを求めて。

いつもは往来の多いコマ劇広場。

医療関係者は立ち止まれない。

新宿南口 ある海外旅行者団体。ノーマスクは文化か供給不足か。

新宿東南口広場 正午 こんな時代になるとは思って無かった対岸の火事。

話題になったあの人。この世の中に何申す。

愚痴を言いたくもなる。

人はどこに向かう。一寸先は光であってほしい。

ある通りには結構人もいました。密らぬ神に祟りなし。

灯台下暗し。世界を救うヒントは結構近くにありました。

 

 

街を歩いてみて、

マスクを買えなくて激怒する人、

コロナは何処吹く風の人、

自暴自棄になってしまう人、多種多様。

 

自分が今回感じた事、

正と負の相互作用。

 

街があるから人が来る、

人が来るから街が発展する。

 

発展があれば淘汰がある。

淘汰があるから更に発展する。

 

孤独感があるから集団が生まれる。

集団があるから孤独を感じる。

集団があり犯罪の温床ができる。

集団があるから権力とも戦える。

 

情報を信じる人ばかりだとパニックが起こる。

情報を信じない人ばかりだと破滅に向かう。

 

愚痴を言っても始まらない。

でも愚痴を言わなければ変わらない。

 

今回の事があり社会は混乱した。

混乱があって自分や家族、社会との繋がりを考える時間が増えた・・・。

 

そんな事思っていたら理想の世界を作るとかは難しいと思えてきた。

妥協の世界なら出来そうだけど。

妥協も「譲り合い」の言葉に置き換えたら

少しは平和の香りもする。

 

そして今日も朝から奥さんが言う。

「あんたは社会の役に立つ前に、家族の役に立ちなさい。」

理想って難しい。

__________________________

株式会社 ラボ東京

(TEL/03-3357-5288 受付時間 9:00 ~ 17:30)

Top