商品情報

プロラボ発、銀塩写真と単焦点レンズのススメ

こんにちは技術部のNです。 最近あまり耳にしないが「銀塩写真」という言葉をご存知だろうか。 「銀」という金属は時間とともに黒くなっていく、銀のジッポのライターが使っていくうち渋い黒に変色するあれである。 その中でも銀塩写真に使用する塩化銀は光にあたると黒化が進む性質がある。 光が強く当たればより黒く、あたらなければ白く、そうやって画像の濃淡が作られる、 作られる画像は濃淡が逆転した「ネガティブ」になる、 それをもう一度印画紙上に反転させれば「ポジティブ」な画像に戻る。 以上が白黒写真の簡単な説明で、その塩化銀「ハロゲン化銀」と発色するためのカラーカプラーを組み合わせればカラープリントになる。 思い切って大胆に端折ったが、つまり塩化銀の光反応を利用するので「銀塩写真」ナノだ。 そこで印画紙が登場、弊社が扱うフロンティアやラムダは印画紙でカラープリントを作る銀塩写真の一族に入る。 これはフィルム等は使用しないが、デジタルカメラのデータをレーザー光を使用して印画紙上に画像を形成する。 最近では印画紙ではなくシルバープリントと呼ばれていたりする。 紙の上にインクを吹いて画像を作るインクジェットプリンターとの違いはその仕組み以上に発色に違いがある。 銀塩タイプの一番の特徴は黒の深さである。 白から灰色そして黒までの諧調が広く、グレー部で青く漆黒は赤くなるような偏りが少ない。 そのため画面全体に深みが生まれる、色の彩度の高さが特徴のインクジェットとそこが大きく異なる。 そのため目立つ事に特化したポスター等はインクジェット出力、画面に深みの必要な作品作りなどには銀塩出力が用いられる事が多いのだ。 いつも自宅のプリンターで作品を出力しているあなた、一度、弊社のフロンティアやラムダで出力する事をお勧めしたい、ワンランクアップして甦るはずだ。       さて、私は趣味で「単焦点クラブ」という集まりに参加している。 これは京橋にあるP写真教室の講師のMさんが主催している団体で、 使うカメラのレンズは全てズームが一切できない「単焦点レンズ」が基本となる。 昨今、ズームレンズの性能は著しく向上して、かさばらず使い勝手の良いズームレンズは各社存在するが あえて単焦点レンズを使ってみると、これがすこぶる調子いい。 第一に撮影する時、構図を絞るときズームレンズの場合画角を決める作業に手間取りシャッターチャンスを逃す事が多いのだが、 単焦点なら近づいたり離れたりするだけでシャッタータイミングに集中できる。 また単焦点は明るいレンズが多く、ボケ足が奇麗なのだ、いわゆるタマぼけである。 (左側のキラキラした部分がいわゆるタマぼけだ。) クラブの中にはアナログ部も存在する、単焦点のフィルムカメラオンリーでもうここまで来ると病気である、おじさんばかりの集まりかと言えばそれが違うのである。 若い女子がアナログ時代の名カメラ、F3やミノルタのオートコードなどを首から下げて観光地へ撮影に向かう、地物の名物を食べ、温泉につかる、それが一番の楽しみであったりする。 一番大切な事は写真に親しみ、それを手段として、人とのコミュニケーションをとる、そんな時代なのである。 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい

小川重雄写真展「国宝・閑谷学校」

こんにちは、フロントのNです。 今回は弊社のお客様でいらっしゃいます、小川重雄様の写真展をご紹介致します。 前回の写真展はバリ島の世界遺産の寺院建築でしたが、今回は日本の国宝です! 「閑谷学校」は今から300年以上前の江戸時代前期に、 岡山藩によって開かれた庶民のための学校です。 他に例を見ない質とスケールを誇り、建造物のうち講堂が国宝に指定され、 小斎・飲室・文庫・聖廟・閑谷神社・石塀など24棟が重要文化財に指定されています。 そんな歴史的な建造物の今もなお美しい佇まいを一瞬に閉じ込めた写真展に是非足をお運び下さい。 写真に興味のある方はもちろんのことモニター上やスマホ上でしか写真を見たことが無い方は プロの写真家のプリントを間近で鑑賞できる絶好の機会です。 是非ともこの機会に「美しい写真」を見に行きませんか? また、今回は東京展の他に閑谷学校がある岡山県でも写真展が開催されます。 どちらの会場でも写真集とオリジナルプリントの販売もあるそうです!         【東京展】入場無料 日時 2017年6月24日(土)〜7月2日(日) 会期中無休 時間 12:00〜19:00 会場 GALLERY O[東京都台東区根岸3-22-5] 協力 公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会     【岡山展】入場無料 日時 2017年7月8日(土)〜8月6日(日) 会期中無休 時間 10:00〜19:00 (土日祝9:00〜19:00) 会場 CCCSCD by cifaka[岡山市北区石関町6-3 2F] 助成 公益財団法人福武教育文化振興財団会 協力 公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会     ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい*

【片山真理「帰途」On the Way Home】

こんにちは、フロントのNです。 今年初の展覧会を見に行ってきました。 群馬県立近代美術館で開催されている【片山真理「帰途」On the Way Home】です。 (展覧会詳細は記事の最後をご覧ください。)     弊社のお客様でもいらっしゃる片山真理様は 「六本木クロッシング2016」(東京都/森美術館)や 「瀬戸内国際芸術祭2016」(香川県/直島)など各地で作品を発表されており、 今や日本を代表する若手アーティストの一人となっています。 そして今回、生まれ故郷の群馬での個展開催です。 美術館の天井の高い広い空間に作品が展示されており、 静かでゆったりとした雰囲気の中で作品世界に浸れるかと思います。 また同時に「ガトーラスク」で有名なガトーフェスタ・ハラダ様本社ギャラリーでも 関連作品が展示されております。     【片山真理「19872017」】※入場無料 2017年1月21日(土)~2月8日(水)10時~19時 会期中無休 ガトーフェスタ ハラダ 本社ギャラリー 〒370-1301 群馬県高崎市新町1207 TEL 0274-40-3622 ◇展覧会の詳細な情報はこちらから     こちらは入場無料です。 帰りにはお隣の店舗で美味しいスイーツを、お土産やバレンタインのプレゼントにいかがでしょうか。     -------------------------------------------------------------------------------------- 【片山真理「帰途」On the Way Home】詳細情報 -------------------------------------------------------------------------------------- ■会期 2017年1月21日(土)~3月20日(月・祝)9時半~17時 ※入館は16時半まで ■休館日 毎週月曜日(最終日の3月20日は開館) ■会場 群馬県立近代美術館〔公式HP〕 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1群馬の森公園内 TEL 027-346-5560 ■観覧料 一般300(240)円、大高生150(120)円 ※カッコ内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料 ■関連イベント ※詳細はこちら ○アーティストトーク 2月5日(日)14時~ ○学芸員による作品解説会 2月15日(水)、3月11日(土)14時~14時半   ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい*

【重要】オンライン入稿一時停止のお知らせ

平素よりラボ東京オンライン入稿システムをご利用頂いている皆様にお知らせです。 この度サーバー移転およびリニューアルのため、 以下の期間オンライン入稿システムを停止いたします。 お客様にはご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 2017年1月13日(金)〜2017年1月19日(木)予定   尚、停止期間中は下記手順にてオンライン入稿が可能です。 (1)他社のデータ転送サービスを利用してファイルをアップロード firestorage、Giga File便、宅ふぁいる便などのサービスに 入稿したいファイルをアップロードしてください。 (2)入稿仕様書を以下URLからダウンロードし、いずれかの方法でご用意ください。 ・PDF閲覧ソフトで内容を入力 ・印刷後記入してスキャンする ※入稿仕様書のダウンロードおよび記入方法はこちら (3)メールを送付 下記メールアドレスに、(1)で作成した「データのURL」をお送りください。 その際必ず(2)で作成した「入稿仕様書」を「添付」してください。 送付先はこちら (front@labtokyo.co.jp)にお願い致します。   何かご不明の点がある場合は、下記までお問合せください。 代表電話番号:03-3357-5288(平日9時から19時)   皆様にはご不便・ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願いいたします。

【糸川動物園 糸川将志写真展】

こんにちは、フロントのKです。 2016年は12月下旬ギリギリまで冬にしては暖かい日が続いていましたが、 ようやく最高気温が10度を下回るような日がちらほら出てきて 「冬」の季節を感じるようになってきました。 ラボ東京外回り部隊(通称、営業部)はまだまだ元気ですが、 お客様にご迷惑をかけることのないよう、 これからいつも以上に体調管理に気をつけねばなりません。 でもそんな寒い冬にもお出かけしたい!美味しいご飯も食べたい!と 元気で欲張りな皆様に写真展のお知らせです。   【糸川動物園 糸川将志写真展】 2017年2月4日(土)~10日(金)※火曜日休園 ■開園時間 12時~19時(初日15時から、最終日17時まで) ■場所 AAA GALLERY 神奈川県横浜市中区山下町82 徳永ビル206 (みなとみらい線元町中華街駅3番出口から徒歩1分) 初個展を行う糸川将志です。 今回展示する作品はモノクロの動物写真です。 写真は全て動物園で撮影したものですが、 動物園で撮影したと思わせず、動物の表情を中心に表現しました。 是非、観に来て下さい。  (※ギャラリーHPより引用) 先日弊社フロントにお越し頂いた糸川将志様の写真展です。 頂いたDM(※上の写真です)に写っているゴリラさんの表情、 なかなか渋カッコいいと思いませんか!? 言葉が通じない分、動物の考えていることは計り知れないものですが 表情をじっと見つめていると、少なくともワクワク楽しくなるに違いありません。 横浜中華街も会場近くにあるようなので、 写真展の帰りに中華料理も食べちゃう!なんて、そんな欲張りな一日を過ごせそうです。   ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい*

Top