• 005
  • 004
  • 003
  • 002
  • 001

FETE FUCHU TOKYO 2016 暮らしと表現の芸術祭

こんにちは。フロントのNです。 今回は東京多摩地域のアートイベントを紹介します。 「FÊTE FUCHU TOKYO 2016 暮らしと表現の芸術祭」という 東京都府中市内で12月18日(日)まで開催されるアートイベントです。 (公式WEBサイト:http://www.fetetokyo.com/) コンセプトは『アーティストが暮らしている地域に積極的に関わり、その地域の中に発表の場を広げる機会をつくること。また近い将来「郊外の暮らし」がこうしたアーティストの活動を通して、クリエイティブな輝きを持つことに期待する。』とのことで、 府中市内に点在するギャラリー、アトリエを中心とした会場と府中市美術館で 展示/イベント/ワークショップ/講演会等が同時開催されます。 このアートイベントの中で、弊社お客様でいらっしゃる鈴木知佳様の作品も府中市美術館で展示されます。   【FETE PROJECT 2016】※観覧無料 ■展示期間 2016年12月7日(水)~11日(日)10時~17時 ■場所 府中市美術館市民ギャラリー 〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3-3   ※クリックで拡大します。   私もお隣の調布市在住民としてそのコンセプトに「フムフム、納得!」する次第です。 府中市民の方、近隣の方は是非ぶらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。   ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい  

寒いけれど ※写真展情報あります

こんにちは! 東京では54年ぶりの11月の初雪らしいですね。 東京よりちょっとだけ北の方に故郷のある私、フロントKはなんとなくこの寒さを懐かしく感じたりして、寒いけど、ワクワクしています。・・・寒いけど! さて、突然ですが皆さん『廃墟』に興味はありますか? 私は学生時代、廃墟の写真集を読み漁るくらいには嵌っていました。 きっかけはなんだったのか覚えてはいないのですが、とにかく嵌っていました。 この『廃墟』というジャンル、とにかく感じ方は人それぞれだと思うのです。 廃墟自体の造形美はもちろん、その辺に転がっている何かの欠片を見て今は昔の人の営みを懐かしく切なく感じたり、廃墟とその場所に生える植物の生命力の圧倒的な対比やらなにやら。 今回は、そんな雰囲気を沢山味わえる写真展のご紹介です。   ↑↑ クリックで拡大できます!   【吉田大起写真展 Ghost Building】 ■会期 2016年12月12日(月) ~ 12月25日(日) 月~土 OPEN 16:00-L.O.23:00 日 OPEN 16:00-L.O.21:00 ■会場 GalleryBar TORIDE 〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄2-8-1 ※飲食店のため、ご入場につき、お一人様1オーダーをお願い致します。   こちらは弊社のお客様である吉田大起様の写真展です! 頂いたポストカードが幻想的な雰囲気で、ぜひとも大きなサイズで見てみたいな、なんて思います。 また、(私にとって)目からウロコなお話なのですが、ラムダの透明フィルムを3枚重ねた作品も制作されているようです。 ご来社時にちらっとお話をお聞きしましたが、ラムダフィルムはインクジェットプリントと違ってインクが乗らずフィルム自体に色が付いているので、フィルムを重ねて見せる表現には合っているのだとか∑(゚ω゚ノ)ノ 影絵のような表現で素敵ですね。 公開は12月からのことですが、果たしてこの寒さは回復するのか!? 写真展の会場は飲食店さんのようなので、あったかいご飯や飲み物で体を温めつつゆっくり鑑賞も楽しそうです!!       ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい  

遠くに来ちゃいましたが

最近区民から市民に、遠く遠くに引っ越しした技術部Uです。 こちらに引っ越してきて、いつも見ていた駅なか広告も、 だんだんにご当地色が強くなってきまして、 今までには見かけた事の無い地名やイベントを多く見かけるようになり、 足を伸ばしてみようかなと思う事多々あるこの頃です。 その中で見つけたのがこれ、 「入間基地航空祭 2016.11.3」 自分の見識の狭さからから、 全く今まで知らずにきましたが、 かなり有名なショーみたいですね。 せっかく引っ越してきたのだから、 こちらで楽しめる事は楽しみましょうと、 興味本位、ほんとは家でゴロゴロしてたい本心ひた隠して お顔を出してきました。 始めはローカルなイベントで、混雑もしないだろうと 高を括り、お散歩気分で赴いてしまった自分がお恥ずかしい・・・ 文字通りここは戦場、気の抜けた人間は人波にはじき飛ばされて終わり。 Uの実家の田舎街が、 束になっても敵わなそうな人口密度。 そこには猫型ロボットならぬ、 車型ロボットが変身して戦うような映画のワンシーンがありました。   雲との競演が見事でした!     最近は隊内イケメン投票も行われているようです。 ・・・私も違う道に入ってしましそうです・・・   日頃あまりこのような男イズムには興味の無い小生でも、 蒼いボードに白の絵の具が孤を幾十にも描く頃、 映画さながらのシーンの中で、 いつの間にか敷地内を闊歩していたのでした。   かつて伝説の野球選手ミスターN氏は、 アメリカの地に降り立った時 「こっちの子はみんな英語がうまいなあ」 と興奮からお話されたらしいですが、 この高揚感はそんな感じ。 「今日は民間人が多いな」 来年はぜひ○ayBanのサングラスでもしてこようかな。   ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288  【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい                  

話題のモノ

11月に入り今年も残すところ、あと1か月半ほどとなりましたね。 こんにちは。総務部のSです。 私は先日、ついに話題のあるモノを食べてきました!! ご覧のとおりハンバーガーです! 1年ほど前にアメリカ・ニューヨークから日本に初上陸をして 話題となった「SHAKE SHACK(シェイクシャック)」という店のハンバーガーです、 日本初上陸時から多数のメディアに取り上げられてて、一度食べなくては!!と思っていたのですが・・・。 なんと、気付いたら1年後になってしまいました。なので、今更感が半端ないです。 肝心のお味は、さすが人気のお店だけあっておいしかったです!が、私的には一度食べれればいいかなぁという感じでした。 なんだか怒涛の勢いで続々と話題・流行りのお店が色々出てきてますよね。 すでに流行に後れつつある私には、なにがなんだか・・・。 流行に敏感な方たちって素直にすごいなぁーと、思う今日この頃です。     ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい  

よしもと

総務部のKです。 週末を利用して新宿のルミネtheよしもとに家族で行ってきました。 吉本興業のお笑いを観るのはこれで3度目。1度目は大阪のなんばグランド花月。 そしてルミネtheよしもとは今回で2度目。 個人的に、ほとんどテレビでお笑い番組は観ないのですが、 1度目に大阪で観た事がきっかけに、家族でハマっています。 ただし私だけ、芸人の顔と名前が一致しません。 有名なコンビ名を聞いても、「誰だ、それ!?」ってなるのですが、舞台に芸人が出てきて、 初めて、「あッ、テレビで見たことある!!」ってな感じで観させてもらっています。 舞台は開幕の10分前から前座の若手お笑い芸人が出てきて、場を盛り上げます。 観客も皆、周りを気にすることなくデカイ声で笑ったり、 芸人の投げかけに観客が答えたりと、よしもと独特の空間が広がっています。 当日は、博多華丸・大吉/フットボールアワー/ペナルティ/2丁拳銃/ ハイキングウォーキング 他 が出演していました。 「何でよしもとなんて観に行くの?」と思われる方がいるかもしれないのですが、 私もテレビでお笑い番組をやっていると、「バカバカしい・・。」と敬遠し、番組を替えてしまいます。 でもです、実際に目の前に立つ、テレビでよく観る芸人さんはそうじゃないんですよ。 真近で観る彼らは、「お笑いのプロ」「喋りのプロ」なんですよ! 人を笑わせるための「プロ集団」なんです。(たまにそうでもないグループもいますが。) ボケ・突っ込みは当たり前ですが、間のとりかた、話題転換、情景ネタなど、 観客を引き付けるネタを披露し、10分という短い時間内にあれだけ人を引き付け、 綺麗に話を収められる彼らの話術に関心させられっぱなしで、 気が付くと「あっ」という間に終わってしまっています。 バカにしていたお笑いですが、見習う事も沢山あり、観に行くたびに良い刺激となっております。 機会がありましたら是非一度、観に行ってはいかがでしょうか。 ご質問等ございましたら、お気軽に下記よりお問い合せ下さい! 株式会社 ラボ東京 TEL 03-3357-5288 【お問い合せフォーム】 ( 営業時間 9:30〜17:30 ) *便利なオンライン入稿もご利用下さい  

Top